ホーム > 学会誌 > 投稿規定(平成26年9月13日施行版)

本ページに記載されている投稿規定は、平成26年9月13日施行版です。
最新版はこちらのページをご参照ください。

日本精神保健看護学会誌投稿規定

1. 投稿者の資格

投稿者は共著者も含めて本学会員に限る。

2. 投稿論文の種類

  1. 投稿は和文及び英文の総説、原著論文、研究報告、資料、その他とし、著者は原稿にその何れかを明記するものとする。また英文原稿については、英文での投稿の意義について明記する。
    【総 説】 文献レビューや多角的な知見の収集により、精神保健看護学に関わる特定のテーマについて学問的状況を総合的に概説、 考察したもの
    【原著論文】 研究論文のうち、独創的かつ新しい知見が論理的に示され、 精神保健看護学の知識として意義が明らかであるもの
    【研究報告】 原著論文には及ばないが、研究結果の意義が明らかであり、精神保健看護学の発展に寄与すると認められるもの
    【資 料】 精神保健看護学に関わる調査等を通じて得られたもので、論文としての完成度は必ずしも高くはないが、資料として発表する価値があるもの
    【その他】 精神保健看護学に関する見解等で、編集委員会が適当と認めたもの
  2. 投稿論文は、国内外を問わず、他の出版物にすでに発表、あるいは、投稿されていないものに限る。重複投稿は禁止する。

3. 研究対象への倫理的配慮

人を対象とする研究に関しては、 対象者の人権に配慮するとともに、研究の実施にあたって講じられた倫理的配慮について明記する。また研究代表者については、所属先の倫理委員会での承認を受けていることを明記する。所属先に倫理委員会がない場合には、それに代わるものの承認を得ていることを明記する。

4. 投稿手続

  1. 投稿は、本ページよりリンクされた投稿画面から投稿する。
  2. 投稿時には、本ページ下部より「投稿論文チェックリスト」をダウンロードし、原稿の点検確認を行い、PDFファイルに変換し、アップロードする。
  3. 投稿原稿は、投稿者の氏名及び所属、 謝辞、 倫理委員会名などの投稿者が特定される可能性のある内容を全て削除したもので、ファイル形式はPDFファイルとする

5. 原稿の受付および採否

  1. 上記4の手続きを経た原稿の到着日を受付日とする。
  2. 原稿の採否は査読を経て編集委員会が決定する。
  3. 編集委員会の判定により、論文の種類の変更を著者に勧めることがある。

6. 論文の返却

投稿された論文は理由の如何を問わず返却しない。

7. 査読後の再投稿

査読を受けて再投稿する場合には、指摘された事項について、 修正箇所のページ数および行数を明示した修正内容を別紙に記入する。 また、再投稿論文の修正箇所に下線を引く。

8. 著者校正

著者校正を1回行う。但し、校正の際の加筆は原則として認めない。

9. 原稿の枚数

投稿原稿の1編は、原稿の種類を問わず、図表および文献を含めて下記の枚数以内にとどめることを原則とする。ただし要約は含まない。

総説
原著論文
研究報告
資料
その他
12枚以内(英文の場合 7,500語程度)
16枚以内(英文の場合16,000語程度)
16枚以内(英文の場合16,000語程度)
12枚以内(英文の場合12,000語程度)
10枚以内(英文の場合10,000語程度)

10. 原稿執筆の要領

  1. 和文・英文原稿とも、原稿はA4判横書きで、 1行の文字数を36字、1ページの行数を28行(約1,000字) とする。 英文原稿の場合には、四方に25mmの余白を設ける。原稿は、文書作成ソフトを用いて作成する。使用する文書作成ソフトとしてMicrosoft Wordを推奨し、保存形式はPDFに限る。図表の保存形式も、PDFに限る。
  2. 和文の場合、外来語はカタカナで、人名、適当な日本語訳がない術語などは原則として原綴のままで書く。
  3. 図、表および写真は、図1、表1、写真1等の番号をつけ、 本文とは別に一括し、本文原稿の右欄外にそれぞれの挿入希望位置を指定する。
  4. 本文にはページ数を記入する。
  5. 文献記載の様式
    1. 文献は、本文中に著者名、発行年次(西暦年次) を括弧表示する。
    2. 文献は、本文末尾に一括して、著者名の和洋を問わずアルファベット順に列記する。但し、著者名は6人目の著者まで表記し、7番目以降の著者は、 他.(et al.)として省略する。
    3. 記載方法は以下の例示のごとくとする。
      【雑誌】
      著者名(発行年次). 表題名. 雑誌名, 巻(号), 頁数.
      *但し、「巻」の通し頁の場合は「(号)」の表示は必要ない。
      <例>
      • 濱田由紀, 田中美惠子, 若狭紅子, 小山達也 (2006). 精神看護の倫理に関する文献検討. 東京女子医科大学看護学会誌, 1(1), 45-52.
      • Kayama, M., Sagami, A., Watanabe, Y., Senoo, E., & Ohara, M. (2004). Child abuse prevention in Japan;An approach to screening and intervention with mothers. Public Health Nursing, 21(6), 513-518.
      【書籍】
      ・書籍
      著者名(発行年次). 書名,頁数, 出版社名,出版地.
      <例>
      • 宇佐美しおり,野末聖香(2009). 精神看護スペシャリストに必要な理論と技法,25-50,日本看護協会出版会,東京
      • Strauss, A. C., & Corbin, J. M. (1998). Basics of Qualitative research; Techniques and procedures for developing grounded theory (2nd ed.). 25-50, Sage Publications, Newbury Park, CA.
      ・編集された書籍の論文あるいは章
      著者名(発行年次). 表題, 編集者名(編):書籍名, 頁数,出版社名,出版地.
      <例>
      • 田上美千佳(2001). 精神訪問ケアの役割 家族との関係, 萱間真美(編): 精神訪問看護・訪問指導ケースブック, 6-12, 南江堂,東京.
      • Hamric, A. B. (2009). A definition of advanced practice nursing. In A. B. Hamric., J. A. Spross., & C. M. Hanson.(Eds.), Advanced practice nursing: An Integrative approach (4th ed.), 75-94, Saunders, Philadelphia.
      【翻訳書】
      原著者名(原著の発行年次)/訳者名(翻訳書発行年).翻訳書名(版数). 頁数,出版地: 出版社名.
      *但し、本文中では、原著の発行年および翻訳年を表記する:(原著者名, 原著の発行年/翻訳書の発行年)
      <例>
      • Strauss, A. C., & Corbin, J. M. (1998) /操華子, 森岡崇訳(2004). 質的研究の基礎; グラウンデッド・セオリー開発の技法と手順(第2版). 25-50, 東京: 医学書院.
      【電子文献】
      著者名(入手年月日). タイトル.URL
      <例>
      • 日本精神保健看護学会(2010年10月26日検索). 日本精神保健看護学会投稿マニュアル. http://www.japmhn.jp/journal
      上記以外は、APAスタイルに則ること
  6. 原著論文及び研究報告で掲載希望の場合には、250語前後の英文の要約ならびに400字程度の和文要約をPDFファイル内に含める(原稿の枚数には含めない)。英文要約には本文の前に、表題 (すべて大文字)、著者名、所属を、後にキーワード(4個以内)を付記する。

11. 著者が負担すべき費用

  1. 別刷は30部までは無料とし、30部を越える場合、および送料については、実費を著者負担とする。
  2. その他図表等、印刷上、特別な費用を必要とした場合は著者負担とする。

12. 著作権

本誌に掲載された論文等の著作権は、 本学会に帰属する。掲載後1年間は、他誌、著作者個人のwebサイト、 機関リポジトリへ掲載することを禁ずる。最終原稿提出時、編集委員会から提示される著作権譲渡同意書に著者全員が自筆署名し、 論文とともに送付する。掲載後1年を得たものについては、転載許可願を本学会事務局へ提出し許可を得る。

附則

この規定の改正は、平成19年4月2日より施行する。
この規定の改正は、平成21年11月1日より施行(*)する。
この規定の改正は、平成22年6月28日より施行(*)する。
この規定の改正は、平成22年12月25日より施行(*)する。
この規定の改正は、平成23年9月3日より施行(*)する。
この規定の改定は、平成26年9月13日より施行する。


2015年3月4日更新