研修会のお知らせ「グループで育むエモ―ショナル・リテラシー」

 精神障害者の回復にとって,感情の読み書き能力(エモーショナルリテラ シー)すなわち,感情を言葉にして伝える能力が重要だと言われています。 患者だけでなく,スタッフのエンパワメントにとっても,この能力はとても 重要です。
 精神科の実践の中では,グループという方法でこの能力を高めていくこと が可能です。今回は,実際に病棟でグループを実践している看護師の方々に 体験を語っていただき,グループの中でどのようにしてエモーショナルリテ ラシーが発揮され,育まれていくかについて,話していただきます。
 その後,コメンテータによる理論とグループについての解説があります。
 参加費は500円(資料代)です。
 参加希望、お問い合わせは下記までファックスかメールにてご連絡ください。

教育活動委員 武井麻子


日時 12月2日(日)10時〜12時30分(予定)
場所 東京医科歯科大学 医学部3号館 18 階 保健衛生学科 講義室1
アクセス JR 中央線・総武線・東京メトロ 丸ノ内線「御茶ノ水」駅下車
東京メトロ 千代田線「新御茶ノ水」下車
キャンパスマップ www.tmd.ac.jp/outline/campus-map/index.html
パネリスト

コメンテータ

月江ゆかり(川越同仁会病院)
岩崎壮登(群馬病院)
武井麻子(日本赤十字看護大学)
宮本真巳(東京医科歯科大学)
申込み締切 2012年11月20日(火)
FAX 03-3409-1069
e-mail a2-takei@redcross.ac.jp
チラシ

2012年10月08日更新