ホーム > 学会について > 会則・規定

一般社団法人 日本精神保健看護学会
運営細則、規程、申し合わせ事項等

下記のリストの項目をクリックすると該当箇所にスクロールします。



一般社団法人 日本精神保健看護学会 運営細則

第1条 この運営細則は、一般社団法人日本精神保健看護学会(以下「本会」という。)定款第59条に基づき、本会の運営に必要な事項を定める。

第2条 本会正会員の選考は、精神看護学およびそれに関連した分野において業績のある者について行う。

第3条 本会賛助会員の選考は、精神看護学およびそれに関連した分野において貢献している個人あるいは団体について行う。

第4条 本会の会員の会費は、年額11,000円とする。
 本会の賛助会員の会費は、年額1口50,000円とする。
 2.過去に会費滞納により会員の資格を喪失した者が再入会する場合には、滞納した年度分の会費および再入会年度分会費を支払らわなければならない。

第5条 学術集会企画委員会は、次の事項を審議する。
  1. 学術集会の形式
  2. 演題の選定および座長の選出
  3. その他の学術集会の運営に関すること
 学術集会企画委員会は、次の委員をもって組織する。
  1. 学術集会会長
  2. 理事1名以上
  3. 学術集会会長が必要と認めた会員
 学術集会企画委員長は学術集会会長とする。学術集会企画委員の任期は1年とし再任を妨げない。

第6条 本会の運営および事業を推進するために、編集、広報、教育活動、学術連携、総務などの各委員会を設置する。 委員会の設置および解散は、理事会の決議による。 委員会は、理事会で選出された次の委員をもって組織する。
 委員会の委員長は、理事会で選出された担当理事をもってあてる。 委員長および委員の任期は2年とし再任を妨げない。

第7条 代議員会における議事録署名人、書記の選出は以下の通りとする。
  1. 議事録署名人(2名)は理事長が推薦し、代議員会で承認を得る。
  2. 書記は、総務委員会が行う。

第8条 学会総会の議事録署名人、書記の選出は以下の通りとする。
  1.議事録署名人(2名)は、理事長が推薦し、学会総会で承認を得る。
  2.書記(2名)は、理事長が推薦し、学会総会で承認を得る。

第9条 本細則の変更は、理事会の決議により行う。


付則1. 本細則は平成27年4月1日より施行する。


一般社団法人 日本精神保健看護学会 代議員・役員選出に関する規程

第1章 総則

(目的)

第1条 この規程は、一般社団法人日本精神保健看護学会(以下、「本会」という)定款第5 条第3 項に定める代議員の選挙並びに同第26 条第1項に定める理事及び監事(以下「役員」という。)の選任を適正に行うために必要な事項を定めることを目的とする。

(選挙管理委員会)

第2条 理事会の決議に基づき、正会員の中から6 名の選挙管理委員を選出する。
 2 選挙管理委員は、選挙管理委員会(以下「委員会」とする)を組織し、代議員および役員候補者の選出を行う。
 3 委員会に委員長を置く。委員長は選挙管理委員の互選によって決める。
 4 選挙管理委員は、代議員選挙の選挙権および被選挙権を有する。

第2章 代議員選挙

(代議員選出)

第3条 代議員は地区別に選出するものとする。地区別の区分は、北海道・東北、東京を除く関東、東京、甲信越・北陸・東海、近畿、中国・四国・九州・沖縄・その他の6 地区とし、その定数は次のように定める。
  ①正会員30 名ごとに1 名とする。
  ②正会員30 名以内の場合は1 名とする。
  ③正会員30 名を超える場合、端数を増すごとに1 名を加える。

(選挙権)

第4条 選挙人名簿作成時現在、前年度までの会費を納入した正会員は選挙権を有する。

(被選挙権)

第5条 本会入会後3 年以上を経過し、かつ第4 条に該当する正会員は、被選挙権を有する。ただし、入会年度については事業年度途中の入会であっても、その期間を1年に切り上げて計算する。

(選挙人名簿)

第6条 選挙人名簿および被選挙人名簿は、選挙管理委員会が作成し、理事会の承認を得て被選挙人名簿を選挙人に配布する。
 2 前項名簿は、地区別に作成する。

(選挙期日)

第7条 選挙期日は、委員会で決定し、本会学会誌その他の方法で、正会員に告示しなければならない。

(投票方法)

第8条 選挙は、無記名投票により行う。
 2 投票は、各選挙人が所属する地区の代議員数定数と同数をマークするものとする。

(開票)

第9条 開票は委員会が行う。
 2 開票は、本会学会誌その他の方法により告示した日までの消印で委員会に到着したものについて行う。

(無効投票)

第10条 次の投票は無効とする。
  ①正規の投票用紙および封筒を用いないもの
  ②外封筒に記名のないもの
  ③定められた代議員数を超えてマークしているもの
  ④その他選挙の規程に反するもの

(当選人)

第11条 選挙において有効投票を多数得た者から順に当選人とする。
 2 同数の有効投票数を得た者については、会員歴の長い者を当選人とする。会員歴が同年の場合は、抽選により当選人を決定する。
 3 前項の会員歴は、1年に満たない期間を1年に切り上げて計算する。
 4 当選人が定まったときは、委員会は当選人に当選の旨を通知し、その承諾を得る。
 5 当選人が辞退したときは、次点の者から順に繰り上げて当選人とし、その承諾を得る。
 6 理事長は当選人を学会総会に報告し、本会学会誌及び本会ホームページ上で発表しなければならない。

(補欠の代議員)

第12条 前条の当選人を除いて有効得票数の多い者から順に各地区あたり2名を、定款第5条第7項に定める補欠の代議員とする。
 2 補欠の代議員について、前条第2項乃至第5項を準用する。

第3章 役員候補者の選出

(新代議員)

第13条 本章における新代議員とは、役員候補者選出時点における代議員の任期満了後に就任する代議員をいう。

(役員候補者選出)

第14条 役員候補者は、新代議員の中から新代議員が投票により選出する。

(理事候補者)

第15条 理事候補者の選出は新代議員1名につき、3 名連記無記名投票によって行う。

(監事候補者)

第16条 監事候補者の選出は新代議員1 名につき、単記無記名投票によって行う。

(無効投票)

第17条 次の投票は無効とする。
  ①正規の投票用紙および封筒を用いないもの
  ②外封筒に記名のないもの
  ③被選挙権を有しない者を記名したもの
  ④その他選挙の規程に反するもの

(開票)

第18条 第9条を準用する。

(当選人)

第19条 選挙において有効投票を多数得た者から順に15名以内の理事候補者および2名以内の監事候補者を選出する。
 2 同数の有効投票を得た者については、会員歴の長い者を当選とする。
 3 理事候補者、監事候補者の両方に当選した者は、得票数の多い方の役員候補者として選出し、理事候補者、監事候補者両方に同数の得票を得た者は、理事候補者として選出する。
 4 選出された者が定まったときは、委員会は選出された者にその旨を通知し、承諾を得る。
 5 選出された者が辞退したときは、次点の者から順に繰り上げて当選人とし、その承諾を得る。

(役員選任)

第20条 前条で当選人となった者は、定款第21 条第1項の代議員会の決議により役員に選任され、本人が承諾して本会役員となる。なお、定款第26条に基づき、代議員以外の正会員から選任された2名以内の理事については、その名称を「理事長指名理事」とする。
 2 理事長は、前項により役員となった者を学会総会に報告し、本会学会誌および本会ホームページ上で発表しなければならない。

(規程の変更)

第21条 この規程の改廃は、理事会の決議により行う。


 
付則1. 本規程は平成27年4月1日より施行する。
付則2. 本規程は平成28年3月5日に改定し、同日より施行する。


一般社団法人 日本精神保健看護学会 研究助成事業規定

(目的)

第1条 日本精神保健看護学会会則第4条4項による事業として、若手精神看護学研究者の育成 のために、研究費用の一部を助成し、その研究成果により精神看護学の発展に寄与することを目的とする。

(資金)

第2条 事業の資金は本会の事業予算をもって充てる。会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

(対象)

第3条 事業への応募資格は日本精神保健看護学会会員として1年以上の会員歴を持ち、申請年度の3月末日の時点で42歳以下の会員。
 2 他の研究助成を受けている者や、重複して申請する研究は除く。
 3 研究が継続され、更に継続して事業による資金を希望する者は改めて申請を行うこととする。

(義務)

第4条 この事業による資金を受けた者は、対象研究課題の業績成果を2年以内に日本精神保健看護学会学術集会において口頭発表し、原則として3年以内に事業による研究として日本精神保 健看護学会誌に論文投稿するものとする。
 2 研究成果の公表を行う際には、日本精神保健看護学会研究助成事業による研究であることを明示しなければならない。

(罰金)

第5条 事業による資金を受けた者の負う義務を怠り、また日本精神保健看護学会会員としてその名誉を甚だしく毀損する行為のあった場合は、委員会が査問を行い、理事会の審議のうえ贈与した資金の全額の返還を求めることがある。

(委員会)

第6条 研究助成事業(以下 事業)の運営は教育活動委員会(以下 委員会)が所掌し、理事 会の承認を得て、教育活動委員会委員3名及び評議員から選任した委員2名以上により事業の運営を行う。
  1)委員会の長が運営を総括する。
  2) 委員会は次の事業を掌務する。
 ①事業の公募、選考、決定及び理事長へ報告。
 ②事業対象者の義務履行の確認、及び不履行の査問、返還の義務等につき理   事長に報告を行う。
 ③その他、事業実施に必要な活動。

(募集要領)

第7条 委員会は募集要領を別に定め、会員に公告する。

(審査結果の公告)

第8条 委員会は応募締切り後ただちに審査会を開催し、規定に基づいて速やかに当該者を選考 し、その結果を理事長に報告、会員に公告する。

(支給)

第9条 総額60万円以内、1件当たり30万円を上限とし、適当と認められた研究課題の費用に 充当するものとして選考された会員に送付する。

第10条 この規定は平成22年 1月11日より施行する。


付則1. 本規程は平成27年4月1日より施行する。


一般社団法人 日本精神保健看護学会 名誉会員についての申し合わせ事項

1.名誉会員の選定条件
 次のいずれかに該当する者とする。
(1)日本精神保健看護学会(以下「本会」という。)の学術集会会長を務めた者
(2)本会の理事長、もしくは理事を通算2期以上務めた者
(3)前項1または2に相当する働きをしたと代議員会が認めた者
(4)その他、精神保健看護学の発展に格段の貢献をした者

2.名誉会員の該当条件
 次の項目全てを満たすこととする。
(1)常勤の現職のないこと
(2)理事・代議員でないこと
(3)本人の同意があること

3.名誉会員の選出方法等について
 名誉会員は、下記の要領により選出される。
(1)名誉会員候補者の推薦について、年に1回、理事会において理事長が発議する。
(2)名誉会員候補者を推薦する理事は、氏名、選定条件の充足状況および推薦理由を 記載した文書を作成し、理事長に提出する(書式は自由とする)。
(3)名誉会員候補者として理事会の承認を得られた後、理事長は、同候補者本人に 諾否の意向を打診する。理事長は、受諾の意思を確認した名誉会員候補者を 名誉会員として代議員会に推薦し、承認を得る。
(4)理事長は、承認を得られた名誉会員を代議員会において紹介する。
(5)理事長は新たに名誉会員について会員総会において紹介する。   なお、紹介にかかる交通費等については、原則として本会が支出するものとする。

付則1. 本規程は平成27年4月1日より施行する。
付則2. 本規定は平成27年12月19日に改定し、同日より施行する。